とび色の誘惑

*

町田つくし野郵便局の風景印(東京都町田市)

   

桜守のいる街

町田つくし野郵便局の風景印

【使用期間】平成11(1999)年11月1日~
【図案説明】郵便局桜通りの桜並木に柳の木とつくし、ツバメ
【使用切手】さくらさくら/日本の歌シリーズ第4集(昭和55年発行)

町田つくし野郵便局前の桜並木

町田つくし野郵便局前の桜並木

「つくし野」とはいかにも東急田園都市線沿線らしい地名です。

東急田園都市線のつくし野駅が開業したのは昭和43(1968)年。その前年に、このあたりの宅地開発をした東急不動産が町名を公募して決まったのだとか。

地理地形とはまったく無関係な地名で私の好みではありませんが、沿線に多い同様の地名の中でも比較的古く、50年以上経てばそれなりに馴染んでくるものです。

つくし野といえば桜で、風景印にも描かれている郵便局前の通りは、その名も「郵便局桜通り」。

今もきれいな桜並木なのですが、じつは20年くらい前はもっと迫力があって、両側からせり出した枝が道路の上を覆い、「桜のトンネル」と呼ばれるほどでした。

私もつくし野の桜といえばそのイメージだったのですが、その後、害虫の大発生で剪定されたこともあったようです。

さらに、木に元気がなくなり、「樹齢約40年とは思えない老化振り」(つくし野桜守りの会HP)で、枯れる木も続出してしまったのだとか。

そんなつくし野の桜を守るために、地元の方々が「つくし野桜守りの会」を結成し、市と連携しながら現在も活動しておられます。

きっとまたいつか、あの桜のトンネルが復活するといいですね。

つくし野郵便局と桜

つくし野郵便局舎と桜

さて、図案にはヤナギの木も描かれていますが、郵便局から桜通りを南西に450mほど行くと、桜通りと交差する「やなぎ通り」にぶつかります。

こちらは柳並木になっていて、それも描いたのでしょう。

※桜の写真は平成24年4月8日撮影

Pocket
LINEで送る

 - 風景印(日本)

  関連記事

no image
陸前高田支店の風景印(岩手県陸前高田市)

風景印に描かれた復興のシンボル 【使用期間】平成24(2012)年7月2日~ 【 …

新宿アイランド郵便局の風景印
新宿アイランド郵便局の風景印(東京都新宿区)

【使用期間】平成11(1999)年7月23日~ 【図案説明】外枠をハート型とし、 …

no image
土佐山郵便局の風景印(高知県高知市)

風景印らしい図案が魅力 【使用期間】平成24(2012)年6月20日~ 【図案説 …

袖浦郵便局の風景印(静岡県磐田市)
袖浦郵便局の風景印(静岡県磐田市)

使用期間 平成27(2015)年10月27日~ 図案説明 遠州海岸の掛塚灯台と風 …

島々郵便局の風景印
島々郵便局の風景印(長野県松本市)

上高地への入口にある郵便局 【使用期間】昭和27(1952)年7月5日~ 【図案 …