とび色の誘惑

*

上九一色郵便局の風景印(山梨県甲府市)

   

消えた村、残された郵便局名

上九一色郵便局の風景印

【使用期間】昭和52(1977)年4月1日~
【図案説明】本栖湖と富士山に月見草
【使用切手】本栖湖(富士五湖)/ふるさと切手・平成11年発行

山梨県甲府市・上九一色(かみくいしき)郵便局の風景印です。

…「甲府市」と書いていることにかなりの違和感を覚えるのは、以前「上九一色村」という名の村だったからでしょう。

あのオウム真理教事件で、サティアンと呼ばれる教団施設が建てられたのが上九一色村南部の富士ヶ嶺地区だったため、その名は全国に知れ渡りました。

その後「平成の大合併」の過程で、平成18(2006)年、上九一色村はその北部が甲府市、南部が富士河口湖町とそれぞれ分割合併した珍しい例。

残念ながら合併後、「上九一色」という地名は完全に消えてしまったのですが、かろうじて郵便局名として残ったのです。

「富士には月見草がよく似合ふ」と言ったのは太宰治でしたが、私は月見草の実物は見たことがなく、この図案で初めてその姿を知りました。

甲府市に編入されてからも風景印はそのままで、図案には本栖湖も描かれています。

上九一色郵便局の風景印

【使用切手】横山大観画「霊峰飛鶴」(国際観光年)/記念切手・昭和42年発行

郵便局があるのは、甲府市中心部と富士五湖西部地域とを結ぶ国道358号線(精進ブルーライン)沿い。

富士吉田市や静岡県富士宮市方面へも通じていることから大型トラックも多く、交通量はかなりありますが、局舎の正面には、澄んだ水の川が流れていました。

印影がとてもきれいだったので、最近新しくしたばかりですか?と聞いてみたところ、「じつはつい最近、使ってなかった予備が出てきたんです」とのこと。

ほとんど新品と変わらないきれいな状態で押印できて、ちょっとラッキーでした(^^)

上九一色郵便局

こぢんまりとした上九一色郵便局舎。前の道路は国道で交通量は多い。

上九一色郵便局前の川

道路を挟んだ向かい側には、澄んだ水が流れていた

Pocket
LINEで送る

 - 風景印(日本)

  関連記事

no image
相模原弥栄郵便局の風景印(神奈川県相模原市)

宇宙へ飛び出す風景印 【使用期間】平成8(1996)年8月8日~ 【図案説明】宇 …

no image
黒石郵便局の風景印(青森県黒石市)

ゆるキャラだけの風景印誕生! 【使用期間】平成24年2月1日~ 【図案説明】ゆる …

東京都庁内郵便局の風景印
東京都庁内郵便局の風景印(東京都新宿区)

日本の首都、その中枢 【使用期間】平成3(1991)年4月1日~ 【図案説明】新 …

no image
余目郵便局の風景印(山形県東田川郡庄内町)

庄内平野、米どころ 【使用期間】昭和52年11月4日~ 【図案説明】鳥海山と庄内 …

no image
泉佐野郵便局関西空港分室の風景印(大阪府泉南郡田尻町)

地域ブランドもアピール 【使用期間】平成24(2012)年3月31日~ 【図案説 …