とび色の誘惑

*

結城白銀郵便局の風景印(茨城県結城市)

   

世界に誇る結城紬のある街

結城白銀郵便局の風景印

【使用期間】平成24(2012)年6月4日~
【図案説明】結城紬を織る女性に桑の葉と筑波山、絣模様「亀甲」の外枠
【使用切手】杉林と筑波山にウメ/国土緑化運動/昭和51年発行

茨城県結城市・結城白銀(ゆうきしろがね)郵便局の風景印です。

結城紬は「日本最古の歴史を有する高級絹織物」(結城市ホームページ)で、国の重要無形文化財、伝統工芸品、ユネスコ無形文化遺産に登録されているのだそうです。

全工程が手作業ということだそうですから、着物に縁がない私でもその貴重さがよくわかります。

その名前から、結城だけで作られているのかと思っていましたが、お隣りの栃木県小山市、下野市などでも生産されているのですね。

さて、外枠が六角形の変形印なのに、公式サイトの意匠説明にはその説明がありません。

そこであくまで私の推測なのですが、これは結城紬の代表的な絣模様「亀甲」をかたどっているのではないかと。

亀甲は、その細かさによって、80、100、120、160、200というように分類されていて、その数は、反物の幅にいくつの亀甲が並ぶか、ということを意味しています。

標準は100亀甲で、200亀甲というのはそうとう細かく、あまり見ることができないのだそうです。

世の中には、まだまだ知らないことがたくさんあるんだなあ。

Pocket
LINEで送る

 - 風景印(日本)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

新宮中央通郵便局の風景印
新宮中央通郵便局の風景印(和歌山県新宮市)

使用期間 平成11(1999)年4月28日~ 図案説明 天然記念物・浮島の森とお …

中尊寺簡易郵便局の風景印
中尊寺簡易郵便局の風景印(岩手県西磐井郡平泉町)

世界遺産の金色堂はガラスケースの中に 【使用期間】平成24(2012)年11月3 …

no image
押上駅前郵便局の風景印(東京都墨田区)

東京スカイツリーに一番近い郵便局 【使用期間】平成24(2012)年5月22日~ …

no image
住吉遠里小野郵便局の風景印(大阪府大阪市住吉区)

長い歴史の現役地名 【使用期間】平成24(2012)年4月1日~ 【図案説明】阪 …

no image
相模原弥栄郵便局の風景印(神奈川県相模原市)

宇宙へ飛び出す風景印 【使用期間】平成8(1996)年8月8日~ 【図案説明】宇 …