とび色の誘惑

*

浅草郵便局/浅草支店の風景印(東京都台東区)

   

日本初!東京スカイツリーが描かれた風景印

浅草郵便局の風景印

浅草支店の風景印

【使用期間】平成24(2012)年4月23日~
【図案説明】浅草寺雷門に、ほおずき市のほおずきと東京スカイツリー、提灯型の外枠
【使用切手】東京スカイツリーと地デジカ(特殊切手「地上テレビ放送の完全デジタル化」)/平成23年発行

東京都台東区・浅草郵便局(画像左)および浅草支店(画像右)の風景印です。

東京の新名所、東京スカイツリーが日本で初めて風景印に描かれました。

東京の新しいランドマークですから、どの局が最初に風景印の図案として採り入れるかな、と思っていたのですが、浅草郵便局というのはちょっと意外です。

東京スカイツリーがある墨田区の郵便局は、台東区の浅草郵便局に先を越されたかっこうです。

もっとも、こういうランドマークは少し離れたところからのほうがよく見えるので、まあ浅草の風景でもあるといえばそうなのですが。

まあ、浅草寺や雷門についての説明は、もう今さら私が語るまでもないので割愛しましょう。

ただ、昨年の元旦に浅草寺を訪れたのですが、身動きとれないほどの混雑で参拝を断念したので、私はこの雷門をくぐったことがありません。

浅草郵便局

大きな浅草郵便局の局舎。真下の地下には、つくばエクスプレスが通る

いっぽうこちらは、平成24年4月21日(支店は22日)まで使用された、旧図案です(左:浅草郵便局、右:浅草支店、使用切手:浅草三社祭/21世紀に伝えたい東京の風物・ふるさと切手、平成12年発行)。

浅草郵便局の風景印

浅草支店の風景印

高い建物がなかった時代、この浅草寺の五重塔はランドマークとしてかなり目立っていたことでしょう。

時代の移り変わりとともに、風景印に描かれるランドマークも交代したというわけです。

そういえば浅草には「凌雲閣」(浅草十二階)という、当時としては高層の建築物もありました。

日本で風景印が始まったのは昭和6年ですから、もし関東大震災(大正12年)で崩壊しなければ、おそらく凌雲閣も風景印の図案になっていたでしょう。

それもぜひ見てみたかったなあ。

Pocket
LINEで送る

 - 風景印(日本)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

富山奥田郵便局の風景印(富山県)
富山奥田郵便局の風景印(富山県富山市)

鉄道王国を駆ける新しい鉄道を描く 【使用期間】平成24(2012)年12月3日~ …

no image
稲武郵便局の風景印(愛知県豊田市)

どんぐりの謎 【使用期間】平成24年2月21日~ 【図案説明】風のつり橋、もみじ …

no image
結城白銀郵便局の風景印(茨城県結城市)

世界に誇る結城紬のある街 【使用期間】平成24(2012)年6月4日~ 【図案説 …

no image
本所支店の風景印(東京都墨田区)

土俵と国技館と東京スカイツリー 【使用期間】平成24(2012)年5月22日~ …

no image
那珂郵便局の風景印(茨城県那珂市)

風景印に刻まれた合併の歴史 【使用期間】平成3(1991)年6月29日~ 【図案 …