とび色の誘惑

*

島々郵便局の風景印(長野県松本市)

   

上高地への入口にある郵便局

島々郵便局の風景印

【使用期間】昭和27(1952)年7月5日~
【図案説明】日本アルプス槍ヶ岳と登山者

長野県松本市・島々(しましま)郵便局の風景印です。

この図案の作者は、当時数多くの切手原画や風景印の図案を手がけた郵政省の図案家・加曾利鼎造氏。

昭和27年から使用されていますから、今年(2012年)でちょうど60年間、脈々と受け継がれてきました。

島々と書いて「しまじま」ではなく「しましま」と読む、楽しい地名です。

上高地観光の玄関口となる、松本電鉄上高地線の終着駅、新島々(しんしましま)駅があるので、全国的に知られた地名でしょう。

「島」というと海に浮かんでいる島を連想しますが、それが転じて、川に囲まれた中洲のような場所や、川沿いの集落などを意味する地名でもあるそうです。

この島々集落は、槍ヶ岳から流れ下ってくる梓川(あずさがわ)と島々谷川とが合流する地点にあるので、それが地名の由来となっているのかもしれません。

島々郵便局の局舎

静かな集落にある島々郵便局

直前までの雨で山の間にいく筋もの霧が立ち上るのを眺めながら、国道158号線を上高地方面へ。

新島々駅前を過ぎ、いよいよ谷が深くなってきたぞ、というあたりの道路脇に「島々郵便局→」という小さな看板が出ていました。

このあたりは旧・安曇村(あずみむら)の村役場(現在は松本市安曇支所)があったところです。

車を降りるとたちまち、山の気に包まれます。

ひっそりと静かな集落の入口に、想像していたより新しい局舎。

押印をお願いして待っている間にふと記入台を見ると、風景印とは違うスタンプが置いてありました。

消印ではありませんが、局名が入っています。局オリジナルの記念スタンプ、ということなのでしょうか。

たまにこうした局名入りスタンプを見かけますが、いい記念になります。

島々という局名と風景印の図案、どちらもとても気に入っているうえに、予想外のスタンプという収穫まであり、島々局訪問は大満足でした。

【戦前】島々郵便局の風景印

島々郵便局の風景印(戦前)

【使用開始】昭和8(1933)年7月25日
【図案説明】殺生小屋より槍ヶ岳の鋭鋒

島々郵便局では、戦前から風景印が使われていました。

この図案は昭和8年に使用開始となったもので、現在のものと同様、槍ヶ岳が描かれています。

標高3.179mという日本第4位の高さを誇る山ですから、昔から登山者も多かったのでしょう。

風景印には登山者の代わりに「殺生小屋」という山小屋が描かれています。

現在は「殺生ヒュッテ」と呼ばれていて、山頂の直下にあるのだそうです。

島々郵便局の記念スタンプ

島々郵便局には記念のスタンプが4つも置いてありました。これは消印ではないので自由に押せます

Pocket
LINEで送る

 - 風景印(日本) ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
成田国際空港郵便局の風景印(千葉県成田市)

外国人には喜ばれる?富士山を描く 【使用期間】平成24(2012)年5月20日~ …

上九一色郵便局の風景印
上九一色郵便局の風景印(山梨県甲府市)

消えた村、残された郵便局名 【使用期間】昭和52(1977)年4月1日~ 【図案 …

no image
三国郵便局の風景印(岡山県備前市)※H24.3.31廃止

訪れたかった戦前の局舎 【使用期間】昭和59(1984)年4月21日~平成24( …

白井郵便局の風景印(千葉県白井市)
白井郵便局の風景印(千葉県白井市)

歴史と都市問題に梨が誘う変形印 【使用期間】平成25(2013)年3月14日~ …

no image
稲武郵便局の風景印(愛知県豊田市)

どんぐりの謎 【使用期間】平成24年2月21日~ 【図案説明】風のつり橋、もみじ …