とび色の誘惑

*

サンシャイン60内郵便局の風景印(東京都豊島区)

   

巣鴨プリズンの跡地に建つ超高層ビル

サンシャイン60内郵便局の風景印

【使用期間】平成11年11月11日~
【図案説明】サンシャイン60と周辺の風景、区花ツツジ、区木ソメイヨシノの外枠

池袋のランドマーク、サンシャイン60

池袋のランドマーク、サンシャイン60

子どものころ、日本一高いビルとして図鑑などに載っていたサンシャイン60。

なにしろただの高層ビルではなく「超」高層ビルです。ビルを取り巻くような首都高速の出入口も、どことなく近未来的な魅力があり、子供の目にはキラキラと映ったものでした。

もちろん現在は日本一の高さではありません。周囲にも高い建物が増えて、かつての際立った印象は薄れてしまいましたが、それでも池袋のランドマークとしては欠かせない存在です。

サンシャイン60内郵便局はその1階にあります。約400社が入居するオフィスビルでもあるため、いつ訪れても多くのお客さんで賑わっています。

サンシャイン60が建っているのは、巣鴨刑務所の跡地を再開発した土地で、ホテルなどいくつかの建物をあわせてサンシャインシティという街区を形成しています。

巣鴨刑務所は、東條英機をはじめ、極東国際軍事裁判(いわゆる東京裁判)で有罪判決を受けた戦犯たちが収監されていたところ。このエリアの一角に東池袋中央公園というのがあり、ちょうどこのあたりに、A級戦犯7名の処刑された場所があったのだとか。

さすがにここへ建物を建てるのは忌避したのか、跡地として保存されたのかはわかりませんが、その片隅にひっそりと「永久の平和を願って」と書かれた慰霊碑が建っていました。

そんなずっしりと重たい歴史を持つ土地の上に、毎日2万人が働き、年間2,800万人が訪れる一つの街があるわけですから、なんだか不思議な気がします。

サンシャイン60内郵便局の風景印(初代)

【使用期間】昭和53年10月20日~平成11年11月10日

さて、こちらは平成11年11月10日まで使用された初代風景印。ビルの開業からちょうど半年後に、風景印の使用が開始されています。

押印日付は昭和59年8月13日となっていますが、これは私が小学6年生の夏休みに、弟と二人で都内の風景印巡りをしたときに押印したものです。

せっかく憧れのサンシャイン60まで来たので、小遣いをはたいて60階の展望台まで上り、その眺望に見とれたことをよく覚えています。高速エレベータも衝撃的でしたねえ。

私としては、ビルの重量感、全体のバランスともにこの旧図案のほうが好きです。

Pocket
LINEで送る

 - 風景印(日本)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
明石子午線郵便局の風景印(兵庫県明石市)

子午線の真上に位置する郵便局 【使用期間】平成24(2012)年6月11日~ 【 …

no image
土樽郵便局の風景印(新潟県南魚沼郡湯沢町)

トンネルを抜けると… 【使用期間】平成24(2012)年4月2日~ …

no image
押上駅前郵便局の風景印(東京都墨田区)

東京スカイツリーに一番近い郵便局 【使用期間】平成24(2012)年5月22日~ …

上恩方郵便局の風景印(東京都八王子市)
上恩方郵便局の風景印(東京都八王子市)

使用期間 昭和55(1980)年9月18日~ 図案説明 陣馬山頂の白馬と夕焼け小 …

no image
黒石郵便局の風景印(青森県黒石市)

ゆるキャラだけの風景印誕生! 【使用期間】平成24年2月1日~ 【図案説明】ゆる …